『 夏休みのイベント 』



 『 夏休みのイベント 』

『 夏休みのイベント 』


“ さがす ” をテーマにしたミニイベントを複数、開催しますよ!


   



※ 上の小さな画像をクリックすることで、それぞれのイベントにスクロールします。



平成29年度の夏も是非、熊野市 紀和鉱山資料館へ♪







一つ目は、『ジオラマで再現!! 走れ!! 鉱山トロッコ!』。





今年も鉄道模型が、新作でやってきます♪



去年も大人気だった、紀和鉱山資料館のイベントのために制作された鉄道模型。

今年はさらに進化し、




裏側に顔ができ、そういう生き物へと近づきました。


いや違う。

違った、そこじゃない。

すみません、間違いました。


注目はそこ(もですが)じゃないです!




左下に、画面モニターがあるのが分かりますか?


なんと、バテロコくんと、積み下ろし機器のところにミニカメラを搭載。

映る画面を見ながら、運転も出来ちゃうわけです!

トンネルの中に突入するときの高揚感は、新鮮な興奮。


さらにさらに、疑似鉱石の運搬物を積み下ろす自動ギミックや、踏切まで・・・



日本に一つしかない、鉱山鉄道模型の運転シミュレーターが爆誕。


・・・爆誕、この言葉わたくし生まれて初めて使いました。

爆発するようなインパクトで誕生すること、らしいです。

そうですか、爆発・・・ どちらかというと、終わっちゃいそうな不安に駆られるのですが・・・



それはそれとしまして。



今年も熊野、紀和鉱山資料館のために一肌脱いでくださったのは MosoFactory さん。

この夏は津市の三重総合博物館、“みえむ” でも企画展で乗り物が集合するそうですが・・・

この鉄道模型に関してだけは、勝るとも劣らぬ逸品です!!


宝塚からのお目見えですので、三日間だけの開催日をお間違えなく♪



その上、“ヤツ”も帰ってくる・・・ かも!?




 ↑ 去年のイベントで、紀和鉱山資料館を盛り上げてくれたバテロコくんです。











二つ目は、『 鉱石のディスプレイ教室 』。




紀和鉱山資料館のウリの一つである、『鉱石の採取体験』。

これで採った石をカッティング(程よいサイズ・形に割る作業)して、

手のひらサイズのミニジオラマに飾りましょう♪





「水辺」と「丘」の二種類から、好きな方を選択。





よく見ると、こんな感じです。

このざらざらした、それでいて本当に波打ち際のようなコレも、

プロの講師の指導で作成できちゃうんです!


そして、一番大切なのは 「親子で交代しながらの共同作業」 ということ。


夏休みの親子の思い出に、自由工作に、ちょっとしたインテリアに・・・



お申し込みは、0597−97−0753、紀和B&G海洋センターまで。

『鉱石のディスプレイ教室』で、先着の親子8組が定員です!



なお、ハンマーで石を割る屋外作業が30分ほどあったりしますので、その点
ご注意くださいね。
(これは、『鉱石の採取体験』も同じですが・・・)


参加状況の関係で、大人様のみでも参加可能となりました。【 加筆修正 】










三つ目は、『 パンニング体験 』。



パンニングというのは、重さの差を利用して 鉱石を選り分ける鉱山技術のことです。

砂金採りなんかで、どじょうすくい みたいなのを見たことがありませんか?

アレです!


・・・どじょうすくい、なんて書いちゃいましたけど・・・

パンニングって、なんと世界大会も毎年開催されていたりするんですよ!!






まずはパンニング皿に砂を盛り。

※ イベントでは、水の入った大タライの底にある砂をすくいます。





大タライの水の中へ、イン♪





水の中でジャバジャバして(画像の上)、水をザバーっと捨てちゃいます(画像の下)。



それを繰り返して、浮いた軽い砂を捨て、少なくしていくと・・・




重い鉱物が残るわけです!





パン皿に残った砂にも、結晶化した鉱物が残っているのが見えますね!!





仕上げに、コルク栓のガラス小瓶に入れて・・・ お持ち帰り♪




【 採れる鉱物 】

・熊野市と友好都市の桜井市で採れる、黄鉄鉱の単結晶。
(自然にサイコロのような立方体になる、恰好良い鉱物です)

・紀和鉱山資料館の裏の川で採れる、ガーネットの砂粒。
(本当に砂粒ですが、透明度のあるワインレッドな砂です)




※ 持ち帰れる単結晶は、参加一組(一家族)で4〜5個程度です。
 (お気に入りの結晶を選びましょう!)

※ ガーネット砂は細かいため、個数制限は無しで、お持ち帰りください。

※ 制限時間は15分ほどを考えていますが、採れ具合や混雑具合で、延長可です。
(無料ですし、厳密なものではありません。
 気軽に遊んで、鉱山技術を学んでくださいね)

※ 水を貯めるなど、準備時間が必要なことがあります。
(入館時にお申し付けくださいね。
 常駐一人の施設のため、混雑具合で、準備にお待たせする場合がございます))




『鉱石の採取体験』、『パンニング体験』、『解説案内』などは、担当者が不在の日は
お休みさせていただきます。